必ず「読まれる」記事タイトルのつけ方

公開日:  Author by: Toshiyuki Yamazaki

Pocket

はじめに

前回、WEBライティングに欠かせない「文章を書いたら必ずチェックすべき5つのポイント」をご紹介した。

今回は、必ずユーザーに「読まれる」記事タイトルのつけ方をご紹介する。

タイトル(見出し)は、検索エンジン経由で訪れたユーザーに限らず、ブックマークサービスからあなたの記事の内容に興味をもったときも、記事を読むかどうか判断する上で最も重要だ。

なぜなら、最初に目に留まり、情報が溢れているインターネットの世界で、誰もが記事を読み進めるかどうか瞬時に判断する第一関門であるからだ。

このページでは、当社が記事を投稿する際に意識していることをご紹介する。ぜひ、あなたも貪欲に実践して欲しい。

 

テーマをワンフレーズで表現する

記事タイトルイメージ画像タイトルには、記事を通じて最も伝えたいことを28文字程度に要約したフレーズを入れると良い。

タイトルが漠然としていたら、読者は何が書いてあるか分からないため記事にアクセスしないから、なるべく詳しく記載しよう。また、意見を書く記事では自分の主張を書くのが端的である。

28文字程度という理由は、一目で捉えられるだけではなく、サーチエンジンの検索結果で最後まで表示されるようにするためだ。

人は文を前から理解するため、重要なことを最初に書くのが良い。

 

タイトルに入れる単語をチェック

タイトルに入れる単語は、①誰を対象としていて、②何が記事の要旨で、③どんな場所やシチュエーションを想定して書いているのか、④どのような切り口で書いてあるかということである。

全てをタイトルに入れるのは難しいので、内容を特定できるものや、読者が関心をもつものを選ぼう。

前のステップで適切に要約すれば、自然と重要な要素が入っている場合もあるが、確認し改善しよう。

ユーザーは自分に役立つ記事を読みたいので、記事のレベルに関心をもっているから、記事の対象者が分かるようにする必要がある(上記①)。

初心者向けの記事であることが要約したフレーズから分からなければ、「~の基本」など書いておこう。

特定の地域に関する記事では、必ずそのことを記載しよう(上記③)。そして、上記④はまとめ記事などの切り口である。

 

ポイント

タイトルを見て記事の内容を予測したとき、できるだけ内容が一致するものが理想的である。

タイトルを見てアクセスした記事が期待外れということが何度かあると、ユーザーは同じサイトに魅力的なタイトルがあったとしても、アクセスしなくなるだろう。

そのため、タイトルは内容にふさわしいものが良く、キャッチーや面白さはその範囲にとどめるのが無難である。

また、「絶対役立つ」のように誇張すると、本文もそのような書き方をしているのではないかと思われてしまう。

 

最後に

いかがだっただろうか。タイトルを改善して、自分が対象しているユーザー(読者)を惹きつけ、トコトン役立つ情報を発信しよう。

そして、集客を実現しよう。

 

WEBライティングおすすめ記事も参考にして欲しい!

●読まれる文章の書き方5つのコツ
●説得力のある文章を書く5つのコツ
●文章にメリハリをつけ文書力を上げる5つの方法
●情報サイトで魅力的なリード文をつくる5つの方法
●ビジネスブログで良い文章と言われるコツ

 

 

シェアありがとうございます!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 124
    follow us in feedly

コメントを残す




[PR]トップ4%の起業家を目指すあなたに!

全世界で100万人が読んだマニフェストが完全版で日本上陸!

[PR2]SEOコンサルタントがつくったHPテンプレート!

運営者情報

集客うぇぶは、集客にフォーカスしたWEBサイトづくりに役立つ情報サイト。

マーケティング意識の高い、中小企業の経営者が120%満足する良質なコンテンツをお届けしています。