セールスライティング、売れる文章にするために必要なこと

公開日:  Author by: Toshiyuki Yamazaki

Pocket

セールスレターやランディングページなど、短い文書でありながらお客さまを引き付けるのがセールスライティングです。この記事では、そんなセールスライティングのポイントをご紹介します。

セールスライティングのポイント

セースルレターの法則を活用する

たとえば、セースルレターの法則にQUESTフォーミュラがあり、この順番でご紹介します。

*Q(Qualify)・・・お客さまの悩みを解決できることを告げます

*U(Understand)・・・お客さまの悩みに理解を示します

*E(Educate)・・・商品・サービスの価値を伝えます

*S(Stimulate)・・・お客さまの欲求を高めます

*T(Transition)・・・申込方法を案内するなど、お客さまを行動に導きます

こうした法則に沿って書くと、初めてセールスライティングをするときでも書きやすい。

書き出しを工夫する

セールスレターに興味をもって読むお客さまもいれば、関心をもたずに読まないお客さまもいますので、できるだけ多くのお客ささまにセールスレターを読んでほしい。

セールスレターを読んでもらうには、「このセールスレターは自分向けである」と思ってもらわなければなりません。そこで、最もPRしたいことをタイトルやリードで取り上げます。

お客さまの何を実現・解決するものかを書く

お客さまはセースルレターを読み、「これは自分が欲しかった物だ」と思ったときに購入します。そのため、セールスライティングでは、商品・サービスがお客さまのどのようなニーズ満たすものなのかを書く必要があります。

よくあるお客さまのニーズは、手間、時間、出費、苦痛を減らしたいとか、きれいさ、快適さ、楽しさを得たいなどです。

ニーズが一般的だと、お客さまは自分に合う商品かどうか分かリませんが、あまりに絞込みすぎると、該当するお客さまが少なくなってしまいます。ですから、適度にターゲットを絞り込むのが良いでしょう。

お客さまのニーズをどのようにして実現できるのかを書く

商品・サービスが自分のニーズを実現すると言われても、それがどうやってか分からなければ、「本当に?」と思われてしまい説得力がありません。

ですから、商品・サービスがどうやって、お客さまのニーズを実現するのかなど、ある程度具体的に書きましょう。たとえば、ダイエットグッズであれば、どのようなメカニズムで痩せるのかについて、図解を取り入れて説明します。

実現・解決したいという気持ちを高める

商品の特徴や、効果をもたらすメカニズムを理解できたとしても、「何かを実現したい」とか「問題を解決したい」という気持ちが少なければ購入には至りません。

そこで、商品・サービスを使って、あることが実現し、または問題を解決することが、どんなに素敵なことか(快適とか楽しいなど)をお客さまに知ってもらいましょう。

商品・サービスを使った後に、お客さまがどのようになるか・どう変わるかを具体的に書くと良いでしょう。そうした像をイメージできると、購入したい気持ちが強まります。

送り手に合わせた語調で書く

記事や手紙と同様、セールスレターにも幅広い語調があるので、送り先に合う語調(優しい感じ、コミカルな感じ、事務的な感じなど)で書きましょう。

広告はもちろん参考になりますが、もっと長い文章を見たいときは、ランディングページを参考にしても良いでしょう。

最後に確認して欲しいポイント

セールスライティングによって、商品を使うことによって得られるものを知ってもらい、購入したいという気持ちを高めましょう。セールスレターを書く前に、時間をかけて充分なマーケティングを実行しよう。

シェアありがとうございます!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 124
    follow us in feedly

コメントを残す




[PR]トップ4%の起業家を目指すあなたに!

全世界で100万人が読んだマニフェストが完全版で日本上陸!

[PR2]SEOコンサルタントがつくったHPテンプレート!

運営者情報

集客うぇぶは、集客にフォーカスしたWEBサイトづくりに役立つ情報サイト。

マーケティング意識の高い、中小企業の経営者が120%満足する良質なコンテンツをお届けしています。