SEO・アクセスアップに効く、WordPressプラグイン厳選7個

公開日:  Author by: Toshiyuki Yamazaki

Pocket

 
WordPressでプラグインを導入することは、WEB集客を実現させたり、ユーザビリティを向上させる上で、必要不可欠だ。
 
プラグインの数は、数千種類もあり日々新しいものが開発されている。どこでもオススメと書いてあるし、導入や設定も簡単なものが多いので、何十個もインストールしてしまいがちになる。
 
しかし、アクセスアップするために本当に結果がでて、必要なプラグインはかなり限られている。
 
今回は、当社が自社サイトに導入し、クライアントにもお勧めしているプラグインを厳選して、ご紹介する。
 
 
 

何といっても、まずはSEO対策

 All in One SEO Pack(SEO対策の設定を管理)

 Capture.All in One SEO Pack記事ごとにタイトルやメタタグなど、投稿時のSEO対策の設定を簡単に出来る。細かくタイトルやメタタグを設定することで、検索エンジンの検索結果に表示される内容が最適化される。
 
ソーシャルメディアでの拡散する上で欠かせない、OGPの設定も簡単に行え、XML Sitemapの自動更新と自動通知や、Googleアナリティクスとの連携、Googleウェブマスターツールの連携などもコードを入れるだけで簡単に設定出来る。
 
 ●All in One SEO Packの設定方法、参考記事
 
 

WEBサイトの表示を早く、WordPressを高速化

Head Cleaner(無駄なコードの最適化)

Capture.Head CleanerWordPressを使っていると、どうしても複数のプラグインを導入してしまいがち。複数のプラグインが混在することで、コードに無駄が生じることがある。
 
head要素内のコードを自動で整理・最適化してくれる。WEBサイトの軽量化、スピードアップに繋がる。
 
●Head Cleanerの設定方法、参考記事
 
 

WP-Optimize(データベースの自動クリーンナップ&最適化)

Capture.WP-OptimizeWordPressのデータベースの自動クリーンナップと最適化ができる。このプラグインは、データベースの中の余分なデータをクリーンナップし、データベース容量を減らしたり、最適化もしてくれる。
 
WordPressのデータベースは、最適化を行わないと余分なデータが増えていく。当然のことだが容量が増え過ぎると、WEBサイトの表示が遅くなる原因のひとつになる。
 
WordPressには一定のタイミングで記事を自動保存するリビジョン機能が標準でついている。過去の記録を復活させたりすることができ、便利な一方データベースに蓄積されるので、少しでも軽量化させるため、定期的に不要なリビジョンを削除する必要がある。

このプラグインを使うと、リビジョンを簡単に削除することができる。

蓄積されがちな無駄なデータ容量を防ぐために定期的にデータベースを最適化すべきだ。一度設定してしまえば、定期的にクリーンナップ&最適化の処理が実行される優れものだ。必ず導入しておこう。

 
 
 

W3 Total Cache(キャッシュ処理でサイトの表示を高速化)

Capture.W3 Total Cacheページのキャッシュ処理機能、データベースのキャッシュ処理機能、HTML、CSS、JSファイルの圧縮と最適化機能、CDN機能までついている。設定が複雑だが前向きに導入しよう。

※このプラグインは、サーバー環境(ワンコインなどの格安サーバー)によっては、エラーが発生する場合があるので、事前に確認してから導入しよう。

●W3 Total Cacheの設定方法記事

 

EWWW Image Optimizer(画像ファイルを自動的に圧縮)

Capture.EWWW Image OptimizerWordPressで投稿した画像を自動的に圧縮してWEBサイトの表示を高速化できる。画像を圧縮することで画像の容量を軽量化でき、ページの読み込み速度があがる。

画質を保ったまま画像容量を削減できるので、軽くなった状態の画像でデータを送るためデータ通信量が減り、WEBサイトの表示が速くなる。

●EWWW Image Optimizerの設定方法、参考記事

 

大勢にみてもらうためにソーシャルメディアで拡散

WP Social Bookmarking Light(ソーシャルメディア対策)

Capture.WP Social Bookmarking Light多くの人にWEBサイトのコンテンツ(記事)を見てもらうためには、ソーシャルメディアによる拡散は外せない。だから、WEBサイトにソーシャルボタンがついていなければ、大きな機会損失になる。

日本のはてなブックマークにも対応している。WordPress用ソーシャルメディアボタンの定番プラグイン。当然Facebookや、twitter、G+など有名SNSも網羅。

●WP Social Bookmarking Lightの設定方法、参考記事

 

あなたの新しいコンテンツGoogleに伝えている?

PubSubHubbub(Googleの検索エンジンに素早くインデックス)

Capture.PubSubHubbubWEBマスターツールでURLを送らなくても、最新記事を投稿すると自動的にGoogleに情報を送ることが出来る。忘れることなく数分以内でGoogleにインデックスさせることができる優れものだ。

ビ ジネスブログで良質なコンテンツ(記事)を発信していると、記事の内容をコピーする人たちが出てくるもの。

仮にコピーコンテンツの方が先に検索エンジンにインデックスされると、例え、本家のオリジナル記事であったとしても、Googleからするとあなたのサイトがコピー扱いになり、WEBサイトの評価が下がる可能性が出てくる。

このプラグインを入れておけば、コピーコンテンツ対策が出来る。

●PubSubHubbubの設定方法、参考記事

 

最後に、

いかがだっただろうか。今回ご紹介のプラグインをインストールすれば、SEO対策、ソーシャルメディア戦略などのさまざまなWEB集客の設定や、WEBサイトの表示速度の改善など、WEBマーケティングに必要不可欠な設定を網羅出来るプラグインだろう。

ユーザー目線で、徹底した良質なコンテンツとアクセスアップに繋がる必須プラグインの導入で、WEB集客を実現しよう。

 

WordPressおすすめ記事も必ず目を通して欲しい。

●あの有名企業も使っていた!WordPress厳選31社
●WEB集客に強いWordPressをお薦めする10の理由
●初心者がWordPressを最短で学ぶための書籍厳選6個
●SEO初心者必読のWordpress良質ブログ厳選11
●WordPress初心者が本気でWEB集客するためのサーバー厳選!

 

シェアありがとうございます!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 124
    follow us in feedly

コメントを残す




[PR]トップ4%の起業家を目指すあなたに!

全世界で100万人が読んだマニフェストが完全版で日本上陸!

[PR2]SEOコンサルタントがつくったHPテンプレート!

運営者情報

集客うぇぶは、集客にフォーカスしたWEBサイトづくりに役立つ情報サイト。

マーケティング意識の高い、中小企業の経営者が120%満足する良質なコンテンツをお届けしています。